フォト

渡辺雅子フラメンコ   ラコンチャ 

  • フラメンコクラス
    月曜日・初級クラス19:30~21:00/ 木曜日・上級クラス20:00~21:30/ 溝呂木スタジオ 新宿御苑前駅1分/ 入会随時

他のアカウント

« 2013年4月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年5月

2013年5月13日 (月)

覚悟の言葉

先週の5月7日で、あの日から4ヶ月が経ちました。本当に光陰矢のごとしです!

それより少し前の4月16日は百箇日でした。
百日忌、卒哭(そっこく)忌。
哭は声を上げて泣き叫ぶという意味。
卒はそれを終わるの意味です。
故人を思い泣き悲しんでいた親族や近親者たちも、さすがに泣く事をやめる頃が100日をむかえる頃だということから「そっこくき」といわれている。

なるほど.....何だか不思議と「ホントウダ.....」と思った。

亡くなってからの1ヶ月間位は、朝目が覚めると、現実のありさまに、毎日涙を流していたのに.......日にち薬とは.........良く言ったものだ。

仕事も辛い悲しさを一時的に忘れさせてくれたが、1ヶ月間位は最悪だった。
レッスンが終わると心も身体も一時的に一新される。その気持ち良さが、再び現実の暗闇に落ちていくのを余計に辛くさせた。清水に汚水を流し込むような、この落ち込む様は落差が凄かった。

救急車を呼んだ1月4日の前日に一緒にいて、調子は悪そうだったけど、まさかそんなにひどい状態とは思わなかった.......それからたったの三日間で逝ってしまいました。
本人は初めは治って帰れると思っていたのに.........ベットの上の三日間という時間の中には、覚悟をうかがえる言葉もありました!本当に最後まで頑張りました。そして速すぎましたね。遺影を見ると、どうしても、どうしても死を認められず、遺影の人でなく、戒名の人が亡くなったと、思い惚けていましたよ。

今日5月12日、あれから2度目の鎌倉に行きました。
何も決めず、今回は藤沢から江ノ電に乗る事だけを決めていた。
天気も良かったので、江ノ電から見える久々の海は気持ちよく、予想通り稲村ガ崎で下りて、あてもなく由比ガ浜の方へ歩きました。風が気持ちよかった。折角だから寺社へと思い、時計を見て、一寸遅かったけど長谷寺に向いました。

母のために観音霊場めぐりもいいなと思い、朱印帖を買ってしまった。三十三ヶ所......出来るかな?もちろん一人でだけど。
巡礼ガイドなるものを見ていると、ワッペン巡礼はダメよ~。般若心経を読むか写経を納めないと、納経朱印に応じないのヨ~、という寺があった。フムフム........。

わたしゃ心経は昔読んでたのじゃ~。座禅をやってたのヨォ~。と再び参禅要典などを本棚から取り出し読んでみた。

「形あるものは空であり、空がそのまま形あるもの.........この世の一切のものの真実の相(すがた)は、生まれもせずなくなりもせず.........
すべて空
涅槃を完成する.......最高の悟りを成就したもう.........」

今までは亡くなってしまったと思っていたから、どうしても辛かったのだけど、こちらの世界も空.......と考えれば、全く別の考え方が出来そう。とその時思う。

なんだか、やはり少し救われる。
今日から摩訶般若派羅蜜多心経を読む事に.....した。
                          2013年5月12日

 1368384139217.jpg
    稲村ガ崎

 1368384148294.jpg

 1368384150232.jpg
   長谷寺からの眺め
 

  

 
 

 

« 2013年4月 | トップページ | 2014年1月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ