フォト

渡辺雅子フラメンコ   ラコンチャ 

  • フラメンコクラス
    月曜日・初級クラス19:30~21:00/ 木曜日・上級クラス20:00~21:30/ 溝呂木スタジオ 新宿御苑前駅1分/ 入会随時

他のアカウント

« レンタルスタジオ | トップページ | とても元気になりました! »

2014年9月21日 (日)

へレスのフラメンコフェスティバル

寄る年波にいろいろ変わって行く中で、1年に一回のスペインでの稽古だけは、まだ続いている。大昔はマドリード、その後セビリア、随分前にはイスラエル(コンテンポラリーダンスのような独自のフラメンコの世界を創りだした、セビリア生まれのフラメンコダンサー)の所に通ったり、そして最近はセビリアのアンドレス・マリンのスタジオでコンチャ・ハレニョのクルソーに参加していたが、今年の2月は初めて、へレスのフェスティバルのクルソーに参加してみた。

この時は私の申し込の時期が遅かった為、一度習ってみたいと思っていたマヌエル・リニャンのクラスはすでに満員だった。という事でマヌエル・べタンソスのクルソーに参加した。2時間20分の授業が7日間続く。踊り手の鍛錬になり勿論勉強になったが、パソ(振付)は十分にはいただけなかった。

このフェスティバルは2月と3月を挟んだ2週間の間に、世界中からフラメンコの愛好家達が集まり、主催者側は舞台公演とクルソーを開催し、いろいろな国から来た愛好家に参加して貰い、楽しんで貰おうという街中を挙げてのフラメンコの祭りである。

チェコから来た女性だったと思うが、いつも申し込み開始日の9月1日にすぐPC を開いて申し込むと言っていた。私も今年は早めに申し込もうと思い、9月2日に申し込んで安心していた。ところが次の日にマヌエル・リニャンのクラスは満員というメールが飛び込んできた。人気があるのは分かるけど......凄い!!!約24時間でクラスを満席にするマヌエル・リニャン!!!

冷静に考えれば、私にとってはほかの踊り手でもいいので、すぐに他の踊り手のクルソー参加希望を伝えたけど、確認できるまで不安だった。来年には19回目の開催になる。年々人気が出てきているのかもしれない。

不況の中、フラメンコとシェリー酒で祭りを盛り上げるへレスの人々も愛おしいし、セビリアのような世界的に有名な観光地でもないので、ひっそりとした静謐な雰囲気があるへレスが私は好きです。滞在しているときは毎日散歩をするけど、少し歩くと平原が現れる、何とも都心生まれの私メには嬉しい落ち着いた風景がある。

Wp_20140224_006

Wp_20140224_008

« レンタルスタジオ | トップページ | とても元気になりました! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138256/57448417

この記事へのトラックバック一覧です: へレスのフラメンコフェスティバル:

« レンタルスタジオ | トップページ | とても元気になりました! »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ